霧島連山のえびの高原・硫黄山(1317メートル)の噴火の影響で、宮崎県えびの市内を流れる長江川から環境基準値を超えるヒ素などの有害物質が検出されたことを受け、市内の最大約650戸の農家が今季の稲作を断念する見通しとなった。市や県などと流域農家が6日、協議を行い、市側が長江川と、合流する川内(せんだい)川から取水しないよう要請。農家側が受け入れた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます