沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で4月23~28日に行われた「6日間500人集中行動」の実行委員会が参加者アンケートをまとめた結果、回答者の83・8%が県内在住だったと4日、明らかにした。実行委は「インターネットには『抗議しているのは県外の人だけ』と流れているが実情は全く違う。県民の関心は高い」と分析した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます