北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が7~8日、中国遼寧省・大連を訪問し、習近平(シーチンピン)国家主席と会談した。両首脳は3月下旬に北京で会談したばかり。わずか40日余りで2度の首脳会談を開くのは極めて異例だ。6月初めまでに開かれる予定の米朝首脳会談に向け調整は大詰めを迎えているが、非核化の方法や対価、時期などで双方の溝は埋まっていない。北朝鮮は、米国の強硬な要求をかわすために中国に連携を求めたとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます