九州大学箱崎キャンパス(福岡市東区)を歩き、九大と戦争や反戦運動の歴史をたどるスタディーツアーが12日に開かれた。今年6月2日は米軍機ファントムが1968年に箱崎キャンパスに墜落してから50年の節目となる。今年秋には伊都キャンパス(福岡市西区)への移転を完了し、その後は大学施設の大半が取り壊されることから、「見学可能な最後のチャンス」と、市民団体「友好と平和のための東アジア近現代史研究会」が企画した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます