新国立劇場は20日から、ベートーベンのオペラ「フィデリオ」を新制作、上演する。演出はリヒャルト・ワーグナーのひ孫で、ドイツ・バイロイト音楽祭総監督のカタリーナ・ワーグナーが手がける。指揮を務める飯守泰次郎・オペラ芸術監督は、これが4年の任期の最後を飾る公演となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます