外見では分かりにくい障害や病気のある人が、周囲に手助けを求めやすいように持つ「ヘルプマーク」。県は患者らの要望を受け、今夏から希望者に無料で配布する。患者らは多くの人にマークのことを知ってもらい、「見た目では気づかない病気や障害の存在、つらさを抱えている人がいることに気づいてほしい」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます