膵臓(すいぞう)の腫瘍(しゅよう)を切除する手術を受け、入院していた沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事(67)が15日に退院し、県庁での記者会見で、ステージ2の膵がんだったと明らかにした。秋に予定される知事選への対応は明らかにしなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます