新潟市西区の市立小針小学校2年の女児(7)が殺害されてJR越後線の線路上に遺棄された事件で、死体遺棄と死体損壊の疑いで逮捕された会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)が、線路をまたぐように遺体を寝かせたという趣旨の供述をしていることがわかった。「証拠隠滅になると思った」などとして遺棄について詳細に供述しており、遺体発見時の状況とも合致しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます