今どきサルトルに親しむ学生などまずいそうもないが、最近出版された彼の日記を読んでみた(『敗走と捕虜のサルトル』)。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます