体操のNHK杯は19日、世界選手権(10~11月、ドーハ)の代表選考会を兼ねて開幕し、女子個人総合で村上茉愛(日体大)が2連覇した。全日本個人総合選手権からの持ち点との合計168・530点で、2位寺本明日香(ミキハウス)との差をさらに広げての圧勝だった。3位には高校3年の畠田瞳(セントラル目黒)が入った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます