アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大の内田正人監督が19日、兵庫県西宮市内で日大アメフト部の部長やコーチらとともに、被害を受けた関学大の選手やその父親らに謝罪。その後の取材に対し、監督を辞任すると表明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます