アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で、日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大守備選手が22日午後、都内で記者会見を開く。反則行為の経緯やこれまで部員らが証言していた内田正人監督(当時)からの反則行為の指示を、選手本人が公の場で証言するとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます