アメリカンフットボールの悪質なタックル問題で、関学大の選手を負傷させた日大の選手が22日に開いた記者会見。約20秒間、頭を下げて謝罪した後、20歳の宮川泰介選手から語られたのは生々しい監督、コーチの言葉だった。「1プレー目で潰せ」「やらなきゃ意味ないよ」「できませんでしたじゃ、すまされないぞ」。念押しもされたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます