衆院厚生労働委員会で22日、働き方改革関連法案の採決の前提となる参考人の意見陳述と質疑があった。労働側は「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の必要性を疑問視。与党は23日にも採決する構えだが、働く人のニーズがどれだけあるのかという根本的な議論も深まっていない。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます