国内のカジノ設置を可能とする統合型リゾート(IR)実施法案が22日、衆院本会議で審議入りした。度重なる不祥事のあおりで審議日程は窮屈になり、依存症への根強い懸念の声も残る。だが政府・自民党は、来年の選挙への影響などをにらみ、今国会での成立をめざして突き進んでいる。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます