難病などで人工呼吸器などが必要な子どもを預かる施設を併設するカフェ「フラットヴィレッジ」が千葉県白井市にオープンした。障害のある人も働き、すいているときは保育士や看護師の店員が育児相談などにのってくれる。運営する社会福祉法人フラットの林晃弘理事長(36)は「障害のあるなしに関わらず、多くの人が交流して憩う場にしたい」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます