アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大の守備選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチが23日、東京都内の日大本部で記者会見を開き、相手選手にけがをさせる指示をしたかどうかについて、内田前監督、井上コーチともに否定した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます