この春、ルイ・ヴィトンのメンズやセリーヌなどで人気デザイナーが玉突きのように異動した。注目の新任デザイナーはストリート系として評価が高く、伸びしろのあるメンズ部門を強化し、若い世代を取り込もうという戦略が見える。ブランドの刷新にはなるものの、近視眼的な手法と危ぶむ声もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます