門戸開放が進み始めた中国の金融市場へ、日本の金融大手が本格参入する動きが目立ってきた。三井住友海上火災保険は23日、中国の生命保険会社へ出資すると発表。他の証券大手や銀行も参入策を練る。中国の規制緩和は政治状況の変化などで「空手形」に終わった例もあるが、巨大市場への期待は高い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます