2009年の競泳世界選手権の金メダリストで、リオデジャネイロ五輪代表の古賀淳也選手(30)=第一三共=がドーピング検査の結果、陽性反応を示した。古賀選手側は意図的な摂取を否定したが、男子50メートル背泳ぎで4連覇がかかっていたアジア大会への派遣は取り消された。▼社会面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます