過激なことは言ったが、反則は指示していない――。アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で日大の選手が悪質なタックルをした問題で、日大アメフト部の前監督とコーチは23日、記者会見で「ルールを守るのが基本」と強調した。前日に会見した日大選手の証言と食い違う内容となった。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます