阿波踊りの運営で4億円を超える累積赤字を抱えた徳島市観光協会について、高松高裁は、破産手続きの開始を決めた徳島地裁の決定を支持し、協会の即時抗告を棄却した。決定は23日付。協会と、手続きを申し立てた市双方の代理人が24日、明らかにした。今夏の阿波踊りは例年通り開かれる見通しとなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます