旧優生保護法(1948~96年)のもと、障害者らに不妊手術が強制された問題で、朝日新聞が今月、2回目の全国調査をした結果、個人を特定できる資料が11都道府県で新たに914人分見つかり、29都道府県で4773人分に増えた。国が把握する手術人数1万6475人の約3割にあたるが、7割はなお不明。被害者救済を求め27日、弁護士184人からなる全国弁護団が結成された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます