「男はつらいよ」をはじめ、日本の「家族」をテーマにした映画を撮り続けてきた山田洋次監督(86)。一貫して根底にあるのは、寅さんの妹「さくら」の視点だそうです。山田監督は「主婦」や「嫁」という言葉に引っかかるといいます。自身の経験を踏まえ「家族」について聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます