自民党の農産物輸出促進対策委員会は30日、輸出に取り組む生産者が登録するコミュニティーをつくり、重点的に支援することで輸出拡大を目指すとの提言をまとめた。「グローバル・ファーマーズ・プロジェクト」と名付けたこの提言を踏まえて、農林水産省は夏にも特設サイトをつくり、登録生産者の募集を始める。JAに近い議員からは反発の声も上がった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます