政治家や官僚をめぐる週刊誌のスキャンダル報道の勢いが目立つ。大衆のリアリティーに訴えかけ、権力者の辞任につながる事例も相次いだ。源流は明治時代にあるが、他メディアとの相乗効果で現代的な威力が増している。一方、その場限りの好奇心を満たすだけの報道になる危うさもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます