江戸時代に全国の沿岸を歩いて、初めて実測による日本地図をつくった伊能忠敬(いのうただたか、1745~1818)。今年は没後200年の節目の年を迎え、17年間も全国を歩き続けた忠敬の実績が再び注目されています。忠敬が手がけた日本地図は現代の地図と重ね合わせてもズレは少なく、その正確さから幕府は禁制品として輸出を禁じていたとされます。ところが、その地図が知識層の間に広まっていた可能性が浮上しています。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます