旧優生保護法のもと障害者らに不妊手術が強制された問題で、全国最多の北海道は1日、被害者の早期救済や法整備を求める要請書を厚生労働省に提出した。道独自の調査ではこれ以上の被害者の特定が難しくなっており、国主導で制度を改め、救済に乗り出すよう求めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます