2020年東京五輪の新競技に加わったスポーツクライミングの種目の一つ、ボルダリングのワールドカップ(W杯)第5戦は3日、東京・エスフォルタアリーナ八王子で男女決勝などがあった。決勝進出6人のうち日本勢3人が残った女子決勝は、今季W杯ランキング2位の野口啓代(29)=TEAM au=が制し、今季W杯3連勝を果たした。ランキング1位の野中生萌(21)=TEAM au=は4戦連続の2位。伊藤ふたば(16)=TEAM au=は初の決勝進出だったが、6位でメダル獲得はならなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます