JR東日本管内で今年に入り、線路内への自転車の投げ込みや設備破壊などの被害が400件以上発生している。列車の輪止めが外され列車が動き出すなど、重大事故につながりかねない事案もある。JR東は各地の警察と連携し、対策に乗り出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます