京都銘菓「八ッ橋」の老舗大手「井筒八ッ橋本舗」が4日、ライバル社の「聖護院八ッ橋総本店」に、創業を元禄2年(1689年)とする表示の使用禁止と、600万円の損害賠償を求める裁判を京都地裁に起こした。井筒は「創業年が事実と違い、そのころに八ッ橋は存在しなかったはず」と主張。聖護院は「提訴は驚くばかり。対応を検討する」としている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます