愛知県警が痴漢撲滅を訴える目的でポスターを作製したところ、インターネット上で「逮捕=有罪の確定」と誤解させる表現があるなどとして、弁護士らによる批判が相次いだ。批判的な意見はネット上で「炎上」を引き起こしており、県警は5日、「ポスターの本来の趣旨が異なる伝わり方をした」と、貼りだした500枚を撤去した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます