石牟礼道子さんが、この世から旅立たれて、はやくも四カ月が過ぎ去った。それ以来、道子さんを惜しむ追悼文が、あらゆる新聞の朝刊、夕刊を埋めていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます