母や姉、親戚の人たちから聞いた話を繋(つな)ぎ合わせると、父は五月の連休が明けてほどなく家を出たらしい。だから、五月二日のこいのぼりのことが父にまつわる最後の思い出になったのも、納得がいく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます