旧優生保護法により不妊手術を強制された女性が、同法は違憲だったとして国を訴えた訴訟の第2回口頭弁論が13日、仙台地裁であった。国は同法が違憲かどうかの見解を示さず、「救済法を作る義務はなかった」と主張。これに対し、中島基至裁判長は、社会的な影響から憲法判断する意向を示し、国に7月末までに認否を答え…

無断転載・複製を禁じます