埼玉西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手(30)は、京都市下京区の平安(現龍谷大平安)では主将だった。ゴールデングラブ賞を2回受賞し、労組日本プロ野球選手会長を務め、球界を代表する選手に成長。甲子園に出られなかった悔しさ、負けてたまるかという気持ちは今も忘れられない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます