東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは14日、東京ディズニーシー(TDS)の面積を約3割拡張し、「アナと雪の女王」など三つのディズニー映画をテーマにした新エリアを建設すると発表した。国内のテーマパークで屈指の集客力を誇るが、入園者数は年間約3千万人で頭打ちが続く。不満の多い混雑を緩和しながら、訪日外国人ら新たなファンの拡大を狙う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます