16日に投開票を迎える今年のAKB48世界選抜総選挙。その舞台裏を探ろうと指原会(指原莉乃さんを推すファンたちの会)を頼って握手会に潜入すると、SNSなどでつながったファンたちが「推しメン」を必死に支える姿があった。ファンたちは選挙対策委員会(選対)を結成し、自らの投票とは別に、投票先を決めていない知人にファンクラブに入ってもらったり、そのさらに知人を紹介してもらったりと、あの手この手で票を集める「どぶ板選挙」を展開するという。さらに、取材を進めると、選対による「買収」の実態も見えてきた――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます