天皇陛下が15日、東京・下町の板金工場を訪れた。ものづくりの現場を歩き、日本の産業を支える人たちを励ます――。皇太子時代から続けてきた企業視察の一環だ。来年4月末に退位を控え、陛下の「工場見学」も今回が最後となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます