住宅の空き部屋を宿泊用に貸す「民泊」のルールを定めた新法「住宅宿泊事業法」が15日、施行された。一方、先行する欧州では、利用制限や無許可の「ヤミ民泊」の取り締まりなど、規制強化の動きが広がっている。観光客誘致策として期待されたが、住民とのトラブルや、民泊ブームで住宅費が高騰するなどの悪影響が目立ってきたためだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます