地域の子ども会立て直しへ、草加市職員の安高(やすたか)昌輝さん(30)が奮闘している。大学浪人時代、子ども会がなくなった地域の子のために「草加市子ども会」を立ち上げた。生まれ育った草加を好きになる子を増やしたいと市職員になったが、さらに子ども会が消えゆく現状をみて9年ぶりに同会会長を引き受け、役所との二足のわらじをはく。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます