朝日新聞社ヘリ「ゆめどり」で18日午後、関西大の林能成教授(地震学)と、地震の被害を受けた大阪府内を上空から見た。瓦がずれて屋根がむき出しになる被害が点在するエリアが、高槻市から茨木市にかけての南北2、3キロ、東西4、5キロに集中して見られた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます