絶滅危惧種に指定され、資源の枯渇が心配されているニホンウナギの「資源管理」に小売り最大手のイオンが乗り出す。18日、東京都内で説明会を開き、生産履歴が管理できていないニホンウナギの調達を2023年までにとりやめる方針を明らかにした。代わりに、東南アジアが原産のウナギ「ビカーラ種」の調達を徐々に増や…

無断転載・複製を禁じます