金融庁は、仮想通貨交換業大手ビットフライヤー(東京都)など、複数の交換業者に対し、近く改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。いずれも一定の基準を満たしたとして登録された業者だが、マネーロンダリング(資金洗浄)対策など内部管理体制に問題があったとみている模様だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます