外国人技能実習制度の不正行為が三菱自動車と日産自動車で発覚した。日本の技能を途上国に広める「国際貢献」を掲げる制度なのに、両社は一部の実習生を技能が学べる現場に充てていなかった。国は新法で制度の厳格運用に乗り出したばかりだが、現場で制度が形骸化している実情が改めて浮き彫りになっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます