昨夜、寝る前に思いついたすばらしいアイデア。一晩明けて、朝もう一度考えてみると、それはつまらない、取るに足らない思いつきに過ぎなかった。そんなことがよくある。まるでお祭りの夜店にならんでいたお面や駄菓子、あるいは光るリングがあれほど魅惑的に見えたのに、次の日になるとその輝きはすっかりくすんでいるの…

無断転載・複製を禁じます