カンボジアで昨年11月に解党された最大野党・救国党の副党首だったム・ソクア氏(64)が朝日新聞のインタビューに応じた。7月29日に予定される総選挙を「自由でも公正でも民主的でもない」と批判し、日本政府が行っている選挙支援について「やめてほしい」と訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます