中東などの産油国でつくる石油輸出国機構(OPEC)は22日、ウィーンの本部で総会を開き、昨年からの協調減産を実質的に緩和することを決めた。現在は減産目標より生産を大幅に減らしているが、7月から段階的に増やして目標に近づける。米国の対イラン経済制裁などによる原油の供給減の懸念に対応する。▼経済面=米…

無断転載・複製を禁じます