プロ野球では巨人がV9を果たした1973年。日本中の高校球児たちの視線が、作新学院(栃木)の剛腕・江川卓に向けられていた。全国制覇した広島商の達川光男、甲子園と無縁だった出雲商(島根)の大野豊。後に広島でバッテリーを組んだ2人も、「怪物」と呼ばれた右腕の残像が、今も頭から離れない。(敬称略)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます