22日にあったプロ野球パ・リーグのオリックス―ソフトバンク戦(ほっともっと神戸)で起きた誤審をめぐり、日本野球機構(NPB)の友寄審判長と仲野パ・リーグ統括が23日、ほっともっと神戸を訪れ、オリックスの福良監督、長村球団本部長らに謝罪と事情説明を行った。オリックス側は誤審が起きる前の時点からの試合のやり直しなどを求めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます